創業資金のお悩み無料相談受付中!

最大100万円!小規模事業者持続化補助金「低感染リスクビジネス枠」の申請サポート| 安城・刈谷 創業融資センター|創業融資・会社設立のご相談なら

小規模事業者持続化補助金の申請サポート

>>【3社限定・補助金申請サポート 受付5/31まで】<<
無料相談実施中!お問い合わせ・お申し込みはこちら

補助額最大100万円!小規模事業者持続化補助金「低感染リスクビジネス枠」とは?

小規模事業者持続化補助金とは、販路開拓・生産性向上等の取組に活用することができる補助金です。

現在の事業の売上アップのために幅広く使うことができる補助額最大50万円の「一般型」と、
新たなビジネスやサービス、生産性プロセスの導入等に取り組み、感染拡大防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する取り組みに活用できる、補助額最大100万円の特別型の「低感染リスク型ビジネス枠」の2つの制度があります。

中でも、「低感染リスクビジネス枠」は補助額が最大100万円感染拡大防止対策費が補助額の1/4まで補助と、コロナ対応に取り組む中小企業・個人事業主の方に特にお勧めの制度です!

小規模事業者持続化補助金

低感染リスク型ビジネス枠

・補助額:最大100万円 ・補助率:3/4
※うち、感染拡大防止対策費が補助額の1/4まで補助される

<このような方が活用できます!>

コロナ対応のビジネスモデルに転換したい方
オンライン化等コロナに対応した業態に転換したい方
緊急事態宣言の再発令により前年比30%以上の売上減のあった方

●「小規模事業者持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠は、例えばこんな活用ができます!

◎テイクアウト専用商品の開発費

◎個室に改装するための外注費

◎コロナ対応のために始める新サービスの広告宣伝費

◎ECサイトの開設費

◎コロナ対応のために始める新サービスの機器導入費

◎感染拡大防止対策費(※)

※<低感染リスク型ビジネス枠の場合>緊急事態宣言の再発令によって令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が、対前年又は前々年の同月比で30%以上減少している場合、補助金総額に占める感染防止対策費の上限が1/4以内(最大25万円)から1/2以内(最大50万円)へ引上げられます。また、優先採択されます。

【要チェック!】このような場合は「小規模事業者持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠」の活用対象になりません

補助対象経費の中に対人接触機会の減少に該当しない項目を含む事業
新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入がなされない事業
公序良俗に反する事業
2020年度に既に小規模事業者持続化補助金の採択を受けている場合
 ※2020年度に小規模事業者持続化補助金の申請をしたが、不採択であった方は今回再申請が可能です。
2021年度、同じ事業で既に他の補助金を申請している場合

「小規模事業者持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠」の申請にあたっては、補助金の使い道が
対人接触機会の減少に資する取組であり、かつ、②新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組であること 
が必要です。

上記①・②に当てはまらない使い道は、低感染リスク型ビジネス枠の申請対象とすることはできません。

なお、現在既に取り組んでいる商品/サービスの広告宣伝に補助金を使いたいという場合、
最大50万円の「一般型」が対象となる場合があります。

>>小規模事業者持続化補助金 一般型の申請をお考えの方はこちら

小規模事業者持続化補助金を申請できる企業の範囲は?

申請の対象となる企業は、中小企業・個人事業主のうち、「小規模事業者」に当てはまる企業です。
小規模事業者の定義は下記の通りです。

業種

人数

小売業・卸業・サービス業(宿泊・娯楽業除く)

正社員・パート・アルバイトの数が5人以下

宿泊業・娯楽業

正社員・パート・アルバイトの数が20人以下

製造業

正社員・パート・アルバイトの数が20人以下

上記以外の業種

正社員・パート・アルバイトの数が20人以下

2021年の申請スケジュール

補助金には申請締め切りが設けられています。
申請書類をスムーズ&確実に作成して補助金を活用するためには、専門家の活用がおススメです!

小規模事業者持続化補助金
低感染リスク型ビジネス枠

第1回
2021年512日(水)まで

【申請受付中!】第2回
2021年77日(水)まで

第3回
2021年98日(水)まで

第4回
2021年1110日(水)まで

上記ほか、2022年にも公募があります(1月・3月)。

>>【3社限定・補助金申請サポート 受付5/31まで】<<
無料相談実施中!お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

❕小規模事業者持続化補助金を申請する際の“注意点”

補助金には採択上限&事前・事後の審査があります!

上記の要件を満たしていれば小規模事業者持続化補助金 低感染リスクビジネス枠を申請することができますが、
補助金は、“出せば必ず通る”というものではありません

よくある補助金の「失敗ケース」とは?
    • 補助金だけで資金調達をしようと考えている
    • 申請に必要な書類がどのくらいあるのか分かっていない
    • 専門家に依頼する報酬がもったいないので、自分だけで書類作成をしようと思っている
    • とりあえず申請してみようと考えている
    • 補助金の対象経費について計画を立てていない

1つでも当てはまった方は要注意!!
ご自身だけで進められてしまうと、補助金獲得が難しいかもしれません。

直近の小規模事業者持続化補助金の採択率は、
わずか29.1%です。

直近の小規模事業者持続化補助金は非常に厳しい採択率となっています。

そのような中、ご自身だけで申請をせず、専門家のアドバイスを受けるべきです。

補助金が採択されるためには入念な申請資料作成が必要!

補助金には、事前・事後の審査や採択数の上限があります。

そのため、補助金獲得をするためには、
審査に通るような補助金の活用計画や今後の事業プランを考えたうえで、それらを分かりやすく申請書類に落とし込む必要
があります。

ご自身だけで申請されると、こんなリスクも…
申請書類の記載ミスに気付くことができず、そのまま提出…
結果、採択落ちしてしまった…。

⇒ 補助金は誤字・脱字といったケアレスミスでも減点に繋がってしまうことがあります。

いざ書類作成をしてみたものの、なかなか進まない…
結果、申請期日を過ぎてしまい間に合わなかった…。

⇒ 小規模事業者持続化補助金 低感染リスクビジネス枠の場合、A4サイズ5ページ以内の計画書作成が必要です。

>>【3社限定・補助金申請サポート 受付5/31まで】<<
無料相談実施中!お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

補助金の申請サポートは、安城・刈谷創業融資センターにお任せ下さい!

「補助金を活用したいけれども、自社だけで進めるのは自信がない…」
「せっかく申請するのならば、少しでも採択率を高めたい」
このようにお考えになられる方も多いのではないかと思います。

補助金の申請サポートなら、認定支援機関の安城・刈谷創業融資センターにお任せ下さい!

当センターにご依頼いただく3つのメリット

1.好条件!最適な補助金活用プランをご提案

補助金に精通した専門家に相談していただければ、貴社の状況を踏まえて貴社にとって好条件・最適な補助金活用プランをご提案させていただきます。

2.高確率!確かな申請ノウハウ

補助金には採択上限があるため、補助金獲得のためには練り込んだ申請資料の作成が必要です。

専門家の確かな申請ノウハウに基づいたアドバイスを受けて書類作成をしていただくことで、高確率での採択を実現可能です!

※画像は当事務所がサポートさせていただいた実際の資料です。

3.スムーズ!申請書類の作成をアドバイス

当センターにサポートをご依頼いただいた方には、スムーズに書類作成をいただける独自のフォーマットをご提供しております。

書類作成以外に必要なお手続きも当センターがご一緒に確認いたしますので、手続きの抜け漏れも防ぐことができます!

当事務所は、「経営革新等支援機関」です。
(認定支援機関ID:100623011903 認定号:第6号)

経営革新等支援機関とは、法人税務・企業財務・資金繰りに係る金融や経営計画などに関する専門的知識・実務経験が一定レベル以上として、中小企業庁から認定を受けた専門家のことです。
補助金の申請から、採択後の経営・資金繰りまで認定支援機関としてサポートをさせていただくことが可能です!

 

直近の小規模事業者持続化補助金 申請サポート事例

サポート事例① 業種:音楽教室 <小規模事業者持続化補助金>

☆コロナウィルスの感染拡大を受け、
 オンラインレッスンの開始のために小規模事業者持続化補助金を申請。
 申請の結果、採択となりました! 

サポート事例② 業種:飲食業 <小規模事業者持続化補助金>

☆新規出店の店舗の工事費用および広告宣伝費として、
 小規模事業者持続化補助金を申請。
 申請の結果、採択となりました!

サポート事例③ 業種:飲食業 <小規模事業者持続化補助金>

☆売上アップのために、店舗のレイアウト変更にかかる改装費として
 小規模事業者持続化補助金を申請。
 申請の結果、採択となりました!

>>【3社限定・補助金申請サポート 受付5/31まで】<<
無料相談実施中!お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

安城・刈谷創業融資センターなら、融資・資金繰りまで合わせてサポート可能です

補助金は”後払い制”!
運転資金確保のための融資サポートもお任せください!

補助金は後払い(精算払い)であり、補助の有無および補助の金額は「事前の審査」と「事後の審査」により決定されます。

そのため、申請すればすぐに補助金を受けることができるわけではありません

当事務所は安城・刈谷周辺エリア金融機関とのネットワークも豊富です!
資金調達のプロフェッショナルとして補助金制度だけでなく、貴社に最適な融資制度もご紹介することが可能です!

経営・資金繰りまで当事務所がサポートいたします!

無事に補助金・融資を受けた後、当事務所の継続的なサポートの一つに財務顧問があります。
「財務顧問」とは定期的に会社の数字を見て、今社長がとるべきアクションを一緒に検討していくサポートです。

貴資金繰りの予測・対策や、節税対策のアドバイスからその実施など、その他会社で起こりうる様々なケースの問題に経営のアドバイザリーとして幅広く対応します! 

>>【3社限定・補助金申請サポート 受付5/31まで】<<
無料相談実施中!お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

補助金サポート報酬

安心の採択支援報酬制!

・採択支援報酬制:着手金無料+採択額10%~

確かなノウハウがあるからこそ、「採択支援報酬制」で補助金の申請をサポートいたします!
※採択支援報酬制は、サポートさせていただいた補助金が採択となった場合にのみ発生いたします。

高品質なサポート提供のため、限定受付とさせていただいております

安城・刈谷創業融資センターでは、高品質な申請サポートを提供させていただくべく、
誠に勝手ながらサポートの受付期日ならびに受付上限数を設けさせていただいております。

第2回の申請受付は5/31(月)まで・先着3社様までとさせていただきます。
申請をご検討されている方は、どうぞお早めにお問い合わせくださいますようお願いいたします。

>>【3社限定・補助金申請サポート 受付5/31まで】<<
無料相談実施中!お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

小規模事業者持続化補助金についての「よくある質問」

>>その他、「補助金サポートのよくある質問」はコチラ

 

 

まずは専門家へ相談を!
~小規模事業者持続化補助金申請サポートの無料相談実施中~

当事務所は、安城・刈谷周辺エリアにて多数の資金調達サポート実績がございます。
最適な補助金のご紹介や準備のサポートについて是非一度ご相談ください。

サポート実績豊富な専門家が親身に対応いたします!

初回のご相談は無料で承っております。

オンラインでのご相談も可能です!

さらに、当事務所ではいつでも皆様に安心してご相談をいただけるよう、Web会議ツールを活用したオンライン無料相談を実施しております!
(無料のWeb会議システム「Zoom」を活用いたします。)

ご来所いただくことなく、ご自宅やオフィスからのご相談が可能です!

まずは一度、専門家までご相談ください!

お問い合わせ・無料相談のお申し込みはこちらから

● お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-030-570
(受付時間:9:00~18:00 土日祝対応可!)
● メールでのお問い合わせ

    お名前

    メールアドレス

    お電話番号

    件名

    お問合せ内容

    無料相談受付中!

    0120-030-570

    創業資金調達サポートメニュー
    • 創業融資無料診断
    • 日本政策金融公庫融資サポート
    • 創業融資サポート
    • 補助金サポート
    • 助成金サポート
    • 事業計画書作成サポート
    創業サポートメニュー
    • 株式会社設立サポート
    • 合同会社設立サポート
    • 決算・法人税申告サポート
    • 法人化診断サポート
    • 許認可申請サポート
    • 記帳代行サポート
    • 税務調査サポート
    • 税務・経営顧問サポート
    その他コンテンツメニュー
    • 資金調達の基礎知識はコチラ
    • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
    • コンテンツ一覧はコチラ
    事務所情報
    クリックで事務所HPへ移動します
    新着情報
    PAGETOP