創業資金のお悩み無料相談受付中!

クラウド会計導入・活用サポート

石川忠比古公認会計士事務所は、マネーフォワードのゴールド会員として

税務顧問を担当する企業のクラウド導入をサポートいたします。

 

クラウド導入をお考えの方、

税務業務を少しでも楽にしていきたい方はぜひご検討ください!

 

クラウド会計導入がもたらすメリット

クラウド会計が経営効率化に不可欠な3つの理由

①データ入力が面倒… ⇒ 自動連携で効率化!

クラウド会計を活用すると、日常の会計データ、例えば銀行の振込情報やクレジットカードの決済データがクラウド会計システムに自動で連携され更新されます。

さらに、取引先の情報もクラウドに集約されるため、手入力による時間消費や人的エラーのリスクが大幅に減少します。

②資料をなくしてしまう、誤って捨ててしまう ⇒ クラウドによる安全な保存

紙の資料紛失そのものや紛失による情報漏洩、間違ってシュレッダーをかけてしまうこと、データ整理の手間等が、クラウド保存によって解消されます。

クラウドに登録されたデータは簡単に検索可能で、必要な情報を素早く見つけ出すことができ、業務効率が向上します。

③文書の郵送の手間 ⇒ クラウド上送付でスムーズに

請求書やその他文書の発送作業が、登録された顧客データを用いてクラウド上でオンラインにて行えるようになり、面倒な発送作業が不要になります。

また、クラウド会計ソフトを導入する際には、口座開設書類の郵送や窓口訪問が不要で、アカウント設定が迅速に完了します。

 

クラウド会計ソフトを中途半端に導入するとむしろ逆に手間が増加…?

なぜそのようなことが怒ってしまうのでしょうか?

①他のシステムとの非連携による不便さ

クラウド会計ソフトが他のシステムとスムーズに連携しない/できない場合、使い勝手が悪化し、本来の機能を十分に活用できません。

②アナログ業務の削減不足と業務負担の増大

導入後もアナログ業務が残り、結果的にデジタルとアナログの業務が重複し、二重の業務負担が発生してしまいます。

③部署・人ごとの運用ルールの違いによる混乱

クラウド会計ソフトを異なる運用ルールで使用してしまうと混乱が生じ、組織全体としての効率化が阻害される原因となります。

 

単にクラウド会計ソフトを導入するだけでは、業務の効率化は達成されません。

銀行口座やクレジットカードなどの取引情報との連携、社内で利用している他のサービスとの統合、及びクラウド会計ソフトに最適化された業務フローの全体的な改善と最適化が必要です。
これらが整備されない場合、不十分な導入は逆に作業の効率を低下させるリスクがあります。

クラウド会計ソフトとは?

クラウド会計ソフトは、ネットバンキングと“クラウド”(ネットワーク経由)で連動させる“会計ソフト”のことです。

操作自体に専門知識は不要ですが、会計の仕訳など申告に対応した運用を行うためには会計の知識が必要です。

 

様々な業務に密接に関連する「会計業務」と活用する「ITツール」の両方を理解できていないと、業務フロー全体を一度に効率化することは難しいと思います。

社内の経理担当の方のみで進めるのも大変ですし、経理担当の方がいらっしゃらない会社様は社長が頑張るにも限界があります。

弊所では、マネーフォワードのゴールド会員ですし、深い専門知識を持って対応いたしますので、まずはお気軽にお問合せください。

 

業務フロー全体を通して石川忠比古公認会計士事務所が体制づくりをサポート!

クラウド会計導入がうまくいかないケースは、上記に挙げた通り中途半端になってしまうことや、導入するツールが先行してしまい「簡単なヒアリングと初期設定のみ」で終わってしまっていることがあります。

ツール導入そのものはその通りなのですが、業務全体から設計したり、他のツールとの連携をすることもポイントです。

石川忠比古公認会計士事務所では詳細なヒアリングをもとに全体の設定を行い、実施後の運用もフォローします。

 

2023年10月~スタートしています!インボイス制度について

「請求業務」も会計事務所の重要な役割に―インボイス制度への対応

2023年10月1日より、新たな「インボイス制度」が施行されております。

この制度では、インボイス(適格請求書)と呼ばれる、インボイス登録番号などが記載された特定の請求書形式を導入し、取引における消費税の正確な管理を目的としています。
インボイスを受け取る側は、発行者が適格請求書発行事業者であるかの確認、インボイスの適切な保管、そしてこれに伴う会計処理を行う必要があり、これにより業務の負担が増加することが予想されます。

しかし、クラウド会計システムを導入することで、インボイス制度への対応による業務負担を効果的に軽減することが可能です。

クラウド会計を導入することでインボイス制度への対応も効率的に行えます!

発行するインボイス(適格請求書)は、クラウド会計で電子保存が可能!
受領した領収書や請求書は、写真を撮って電子保存が可能!
保存した領収書や請求書は、自動仕訳機能で効率化!

まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら>>

 

 

 

無料相談受付中!

0120-030-570

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
クリックで事務所HPへ移動します
新着情報
PAGETOP